〒639-0252 奈良県香芝市穴虫1045-1 TEL 0745-71-4180 FAX 0745-71-4186
診療時間はこちら

香芝市の内科、リウマチ科、循環器科、消化器科、耳鼻咽喉科、整形外科 リハビリテーション科、麻酔科(ペインクリニック)、小児科

ブログ

TOP»  ブログ»  のぞみカフェ»  第5回のぞみカフェ

第5回のぞみカフェ

第5回のぞみカフェ

第5回 希カフェを10月19日(金)開催しました。



今回もお天気に恵まれたくさんの方にご参加いただきました。
元気な近隣の地域の方々はもちろん、ご家族さまが認知症を患われていて御相談に来られた方、医師、薬剤師、介護士、ケアマネジャーや香芝市内であったかカフェを開催されている方なども参加されていました。初対面のかたも情報交換をしたり、たわいもない日ごろの会話をし、学習もあり、笑いあふれる時間を過ごすことができました。
高齢化社会を、認知症をもし患っても住み慣れた地域ですごすには周りの支援も大切です。希カフェが誰もが安心して暮らしやすい地域を目指していくためのきっかけの一つになればと考えています。


今回は高齢化の進行に伴い、困っておられる方が多い難聴障害について当院副院長 松本あゆみ医師からの講義、グループホームからは柳原介護士、勝田施設長から話をしてもらいました。


◆「難聴障害と補聴器について」 二上駅前診療所・松本あゆみ副院長

 

難聴障害と補聴器についてとても分かりやすく説明していただき、質問もたくさんでました。
松本先生の患者さんもたくさん参加されていてやさしい人柄が参加者を和ませてくれました。


◆「認知症予防のための脳トレーニング」グループホーム希・柳原介護士





いつもグループホーム希で持ち前のユニークなトークで利用者様の笑いをゲットしている柳原介護士。
今日は脳の機能についてや認知症進行予防のための脳トレーニングを日ごろの介護の経験を生かして楽しく話をしてもらいました。


◆「介護者の負担軽減のコツ」 グループホーム希・勝田施設長


 
介護の知識と経験がとても豊富な勝田施設長です。
介護者が少しでも負担を軽減できるコツを経験から話をしてもらいました。
デイサービスを利用している間に掃除もして、用事もして、ごはんも作り置きを作って、と頑張りすぎるより、かえって映画をみたり、ランチにいってみたりと自分を休ませてあげることも長続きするコツだそうです。



さて、実際に介護をするということはいつまで続くのか、心理的、身体的、経済的にもいろいろな問題が出てきます。医療との連携は当然必要ですが、仲間を作る、周りを巻き込むなど、相談する相手がいれば頑張れることが多いです。
のぞみカフェでも、「話を聞いてもらってちょっと気持ちが楽になりました」とおっしゃって帰られる方もいらっしゃいます。ささいなことでも結構ですので、お困りなことがありましたらなんなりと御相談ください。
次回も多彩なメニューを考えていますので、ご参加お待ちしております。
(医療法人 希 理事長・二上駅前診療所 山田秀樹)


第6回のぞみカフェ
日時 平成30年12月21日(金)13:30~15:00
場所 グループホーム希
◆「カフェ開催にあたって」 (二上駅前診療所・山田秀樹院長)
◆「めまいについて」(二上駅前診療所・松本あゆみ副院長)
◆「地域に密着した幅広いサービス(かつらぎケアサービス・植田ケアマネジャー)
◆「高齢者の食事について」(グループホーム希・勝田施設長)
◆「カフェミーティング」お気軽介護相談

 

2018-10-21 18:36:00

のぞみカフェ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PAGE TOP