〒639-0252 奈良県香芝市穴虫1045-1 TEL 0745-71-4180 FAX 0745-71-4186
診療時間はこちら

香芝市の内科、リウマチ科、循環器科、消化器科、耳鼻咽喉科、整形外科 リハビリテーション科、麻酔科(ペインクリニック)、小児科

ブログ

TOP»  ブログ»  女性耳鼻咽喉科医のひとりごと»  西日本医師バドミントン選手権大会に出場してきました!

西日本医師バドミントン選手権大会に出場してきました!

西日本医師バドミントン選手権大会に出場してきました!

もう9月になりますが、連日酷暑が続いていますね!
暑いさなかですが、この土曜と日曜に、
第37回西日本医師バドミントン選手権大会に出てきました!

私は大学生の頃、バドミントン部に所属していましたが、
医学部はどうしても授業数が多く、クラブ活動にさくことのできる時間が少ないので、
総合大学の中の医学部であっても、本学のクラブとは違って別に練習をすることが多いです。
医学部学生だけの部活ということになりますが、
バレーボール、サッカー、バスケットボール、テニス、ラグビー、卓球、柔道、剣道などなど、
いろいろなクラブがあります。

そしてそれらの医学部だけのクラブは西日本と東日本にわかれて、年に一度、大きな大会が催されます。
私は西日本の大学でしたので、学生の頃毎年この「西日本医学生総合体育大会」に出場していました。

大学対抗で団体戦として他大学と試合をしたり、個人戦もありと、
いまだに夏が来ると、学生の頃に泣いたり笑ったりしたたくさんの思い出がよみがえります。

もちろん医学部を卒業してからはこのような大会はありませんが、
卒後も年に一度、有志で「西日本医師バドミントン選手権大会」が催されます。
このような会があるのはバドミントン部とバスケットボール部のみと聞いています。


主管校は毎年持ち回りなのですが、今年の医師バドミントン選手権大会は奈良県立医科大学で、
奈良県内で試合が行われることもあり、一大決心して20数年ぶりに出場してみました。


参加者は40人程度、卒後数年の若い年代と、シニアの年代に分かれてバドミントンの試合が行われましたが、
(私はもちろんシニアです。。)
見応えのある試合をたっぷり見させていただきました。

私と同じ年代の有名な選手、国体レベルの選手(といってもお医者さんです)が、
多忙のなか、年を重ねてもバドミントンを続けていることに感銘を受けました。
そして、なんと、バドミントンをしたいがために自宅に体育館を建ててしまう先生も存在することがわかり
とってもびっくりしました。

懇親会は出身大学ごとに自己紹介や近況を報告したりと、とても和気藹々とした雰囲気で、
私もバドミントン部の先輩や後輩と久しぶりに会って楽しい時間を過ごせました。
そしてならでんアリーナは空調も効いていてとても助かりました。

私の戦績・・・?  聞かないで下さいね(^^ゞ

(耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)

2018-08-31 14:17:34

女性耳鼻咽喉科医のひとりごと

 
PAGE TOP