〒639-0252 奈良県香芝市穴虫1045-1 TEL 0745-71-4180 FAX 0745-71-4186
診療時間はこちら

香芝市の内科、リウマチ科、循環器科、消化器科、耳鼻咽喉科、整形外科 リハビリテーション科、麻酔科(ペインクリニック)、小児科

ブログ

TOP»  ブログ»  女性耳鼻咽喉科医のひとりごと»  クリスマス・イブですね♪

クリスマス・イブですね♪

クリスマス・イブですね♪

今日は12月24日、クリスマスイブですね!
きっと町に出ればデート中の若いカップルがたくさんなんでしょうね!

でも、大阪から通勤していた頃は12月24日は、逆に憂鬱でした。
というのは、高速道路がハンパない込み方になるので・・・。


そういえば約10数年前、クリスマスイブでほろ苦い思い出があります。
それは、大阪で、まるで野戦病院のように忙しい病院で仕事をしていたころ・・・。

耳鼻科医師は5人居ましたが
手術やら病棟処置やら外来診療やら、学会発表の準備や論文執筆やら、
全員が全員とも想像を絶する忙しさで、
病院を出るのはいつも夜10時過ぎでした。

その年のクリスマスイブもフルで業務を行い
仕事が終わってふと気づくと、机の上にクリスマスケーキがどんと鎮座。

「先生、忙しくてケーキなんか買う暇ないやろ、これどうぞ」
って、看護師さんからもらったときすごく嬉しかったけど、
あまりに忙しく机のある医局に戻った夜9時半までその存在を忘れてました。

当時、独身で一人暮らしだった私・・・
耳鼻咽喉科医師のなかで一番下っ端だったので
雑用が多くいつも帰宅はいちばん最後。
もう誰もドクターは残ってないよなあ・・・。

4人家族でもおなかがいっぱいになりそうなビッグなケーキ・・・。
ケーキの上仁いるサンタさんのお人形と見つめ合いながら、どうしようと困っていたところに、
ちょうど先輩の耳鼻科の先生が戻ってこられた(女性)!よかった!

・・・二人で半分ずつ、医局で一緒に仲良く食べました。
晩ご飯はもちろんこのケーキだけです。
おいしかったけど、最後は気合いと根性でした(^^;)
よい子はまねしないでね!

帰りの運転中、ハンドルを握りながら、
自分の胃の中が現在どんなことになっているのかをずっと想像してました。
もうケーキは一生食べるものかと誓いました・・・が、
その後も毎年食べてます♪


今思えばこのときの先輩の先生は50才ぐらいだったはず。
30歳すこし越えたぐらいの若かった私の胃袋によくおつきあいいただいたものだと思います。
感謝感謝です。
のぶ子先生、おつきあいいただきありがとうございました!

 (耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)

2015-12-24 15:24:00

女性耳鼻咽喉科医のひとりごと   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PAGE TOP