〒639-0252 奈良県香芝市穴虫1045-1 TEL 0745-71-4180 FAX 0745-71-4186
診療時間はこちら

香芝市の内科、リウマチ科、循環器科、消化器科、耳鼻咽喉科、整形外科 リハビリテーション科、麻酔科(ペインクリニック)、小児科

ブログ

TOP»  ブログ»  女性耳鼻咽喉科医のひとりごと

女性耳鼻咽喉科医のひとりごと

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

「ノルウェイの森」

私は子供のころから本を読むのがとても好きです。
母が本を読んでいる姿をみて、自然に本を読むようになったんだと思います。

でも、特別に母から読み聞かせをしてもらった記憶はありません。
母から読書を強要されたこともありません。

母は妹を寝かしつける時に、妹の横で寝転んでいつも小説を読んでいました。
妹は布団の中でいろいろ母に話しかけるのですが、母が本に没頭して返事をしないので、そのうちあきらめて眠ってました。
究極の寝かしつけですね。
母は本を読みながら必ず眠ってしまうので、そんな母を起こすのがいつも私でした。
「お父さん帰って来たよ!」とか「おなか減った!」とか笑

さし絵のたくさんある本よりも、母のまねをして字ばかりある本を読んでました。
文章から連想されるいろんな場面をおもいうかべながら読むのが好きでした。

そういえば、家の居間に「家庭の医学」という本が置いてありました。
うちは医師の家庭ではありませんので、家族が体調をくずしたときにどうしたらいいのかが書いてあり、
両親がときどき読んで参考にしていました。

私はこの本がなぜだか一番好きで、ボロボロになるまで読んでいました。
なんども読み返しているうちにいろんな病気の名前を覚えてしまいました。
とくに、怖い病気のところが特に好きで、「ペスト」「天然痘」のページばかり読んでました笑
これが今の仕事にちょっとつながっていっているように思います。


好きな本のジャンルは、小説です。
自己啓発本やノンフィクションなども読んだりしますが、やはり小説が好きです。
ミステリーにハマったこともありますが。
漫画も大好きで、子供と一緒に最近、「鬼滅の刃」にもはまってしまっています!

でもどちらかというと、いろんな本を数多く読むよりも、
好きな本を何度も繰り返して読むタイプのようで、
本はいろいろ買ってしまうのですが、結局同じ本をずっとカバンに入れています。

以前、電車通勤のときは、電車の中で好きな本やら、
NHKの英会話講座を録音してカセットテープに(!)録音しておき、よく聞きましたが、
車通勤になってからはとくに本が読めなくなりました。

大阪市立図書館に行けば、視覚障害者の方のための本の朗読のCDがたくさん置いてあるので、
わざわざ高速道路をとばして車で借りに行って、
通勤の車の中で聴いたりしていました。

そのうち結婚し子育てをし仕事もしているので、なかなか読書ができませんでしたが、
最近になって、電子書籍のkindleにはまっています。

kindleは以前から持っていましたが、最近、kindleなら家族が眠ったあと、電気が消えていても布団の中で読めることに気づき、
(視力が悪くなるかも、良い子はマネしないでね)
ジムでウォーキングしているときもスマホで続きを読むことができます。

先日、大好きな村上春樹の「ノルウェイの森」をポチっと購入してしまいました!
「ノルウェイの森」は本当に大好きで、ハードカバーも文庫も持っています。
それぞれ何度も読みましたが、なんとkindleでも購入してしまうとは!

20歳前後のころに初めて読んで、心にぐっと残る感じがいつまでも残りました。
年齢を重ねて読み返しても、
感情をゆさぶられる感覚は若いころと変わりません。
いつも読んだあと、頭のなかは「ノルウェイの森」の中の世界に置き換わります。
ほかの本を読まないとこの余韻は消せません。

村上春樹のほかの作品も好きです。
独特の文体とその世界、話の構成がすごく好きなんです。
昔、村上春樹の作品に寄せたエッセイを投稿して「ダ・ヴィンチ」という雑誌に載せてもらったこともあります。

あああ、今夜も「ノルウェイの森」の続きを読んでしまうだろうな・・・睡眠不足にならないようにしないと・・・。


追記   「ノルウェイの森」結局3日で読んじゃいました!

(文責 松本あゆみ)

2020-08-31 19:36:02

折りたたむ

耳鼻咽喉科のみ、試験的に順番予約制を一部導入します(その2)

毎日毎日酷暑!ですね。
新型コロナウイルス感染症のため手洗いが欠かせない、マスクも外せない・・・
つらい日々が続いています。

医療機関では、小児科と耳鼻咽喉科が特に敬遠される傾向にあるといわれていますが、
近隣の方に来ていただきやすいようにとスタッフと一緒にいろいろ考えた結果、
時間帯予約を導入するようになってから2週間程度経ちました。
ホームページや、院内掲示ポスターに気づいて下さる方々に、
ポツポツと予約を入れていただいています(*^^*)

この時間帯予約は香芝市内や近隣のクリニックではあまり導入されていない方式ですが、
予約していただいた患者さんたちからは好評をいただいています!

今後、診療所としては、
インフルエンザ予防接種も、ネット予約ができるように考えております。

ゆくゆくは、Web問診(あらかじめ問診を書いていただき診察時間短縮につなげる)
オンライン診療(パソコンやタブレットをつかって、来院されずに診察する方法)などの
導入も目指しております。

少しでも便利に、安全に医療が継続できますように・・・。

2020-08-31 19:12:14

折りたたむ

耳鼻咽喉科のみ、試験的に順番予約制を一部導入します(その1)

長かった梅雨がやっと明けたと思ったら、毎日酷暑!!
体調を崩される方も多いのではないかと思います。

なおかつ、新型コロナウイルス感染患者さんは奈良県でも増加しています。
当院も感染予防につとめており、消毒や換気に努力しておりますが、
それでも来院されるにあたり不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで・・・
8月17日月曜から、耳鼻咽喉科のみ試験的に、予約診療を一部始める予定です。
もちろん今まで通り、ご都合に合わせてきていただいても大丈夫です!

「時間帯予約」という方法になります。

一般的に耳鼻科や小児科でしているような、順番をネットでとる「順番予約」ではありません。
当方の設定した30分枠の時間枠を選択して予約してもらう形で、
その時間に来院いただければいい
ということになります。

ただし予約だけですので、受付はいつも通り1階で済ましてからお越しくださいね。
この予約は、パソコンやスマホ、タブレット端末からのみ可能です。

初めは混乱しますので、予約枠はあまり多くは設定していないのですが、
状況を見て予約枠を増やして行ったり考えていこうと思っています。

当院は内科や整形外科・小児科・麻酔科など複数科あるために、
耳鼻咽喉科だけ予約制にすると混乱が予想され、
なかなか予約システムを導入できずにいました。
今回、思いきって導入することにしましたが、
反対にトラブルが多いようでしたら中止する可能性もあります。

私はスピードのある診察ができないので、特に
重症患者さんや緊急の方がいらっしゃるととても診察に時間がかかります。
予約したのにその時間にお呼びできないことも想定されます。
その点をご理解いただいたうえで、利用していただければと思います。

それでも・・・来院いただく患者さんに時間を有効に使っていただき、なおかつ三密を避けるために
少しでも役に立てたら嬉しいと思っています。
 

(文責 松本あゆみ)

2020-08-05 17:49:34

折りたたむ

新型コロナウイルス感染拡大を受けて

新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言はやっと全国で解除されましたが、
まだまだ予断をゆるさず、スペイン風邪のような第2波第3波がくる可能性もあり、
依然として非日常は続いています。

二上駅前診療所でもかつて経験したことのない状況に戸惑うことも多々ありましたが、
山田院長を中心に職員みんなで知恵をしぼって何とか乗り切ってこれていると思います。

しかし実際は耳鼻咽喉科や小児科などは敬遠され、来院される患者さんの数が激減し
当院でも経営を圧迫するほどになっています。
閉院を考える知人の先生もいらっしゃいます。

今年は花粉症の時期に新型コロナが重なり、多忙な時期のはずなのに耳鼻咽喉科はガラガラでした(今もですが)。
誰も居ない待合室で、ただテレビだけが延々と新型コロナのニュースを伝えているような状況でしたが、
時間ができたぶん、何か今後役に立つ資格や勉強、院内のオペレーションの改善ができないかと
前向きに考え実行していこうと
思っています。

昔若いころ、より高くジャンプするためにはより深くしゃがみ込むものだと先輩の先生に教えられたことがあります。
このコロナの苦い経験を「深くしゃがみ込んだ」と思って、今後コロナの第2波第3波がきたときも
患者さんに安心して来院いただき、微力ですが何かお役に立てるよう頑張って「ジャンプ」していきたいと考えています。
 

(耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)

2020-05-30 18:22:33

トラックバック (0)

折りたたむ

香芝メディカルコンサートが延期になりました。

新型コロナウイルスが大変なことになっています。
風邪症状を診療する私たち医師にとっては、「コロナウイルス」というのは、
ライノウイルスなどと並んでごく一般的なかぜのウイルスという認識だったと思います。
未知の型のこのコロナウイルスが世界中をふりまわしているかたちです。

楽しかったはずのクルーズ船旅行が・・・。
音楽を楽しむはずのライブハウスが・・・。
思い出に残るはずの卒業式が・・・。
恩師や友人と最後の楽しい時間を過ごすはずだった謝恩会が・・・。

この小さな小さなウイルスによってくるってしまうことがあるのですね。
一刻も早いワクチン開発と治療薬の確立を切に願います。



以前このブログに書いていた4月12日予定だった香芝メディカルコンサートも
コロナウイルスの関係で延期となりました。

予定していたプログラムを見させていただいたところ、
今回はピアノソロが多く、そのレベルの高さにびっくり!
皆様よくこんな上級クラスの曲が弾けるものだと驚きました。

私は今回そう難しくない曲ですが、大好きな曲を2曲選びました。
ピアノソロの一番最後に弾かせていただく予定だったようです。

実は、直前に演奏される予定の先生がものすごくピアノが上手でいらして、
しかもとても素敵な名曲を弾かれる予定で、私にとってはプレッシャーなのですが・・・。
でも私は私で、心をこめて弾くことで、演奏を楽しみたいと思っています。
ぼちぼちとしか練習できませんが、頑張ります!



当院耳鼻咽喉科では、コロナウイルス対策として、
いったん受付を済まされ外出された方のための
「耳鼻咽喉科専用の診療状況問い合わせ電話」を設置しました。
        080-1523-8108

待合室で過ごす時間を少しでも短くできたらと思っております。

ただし診察の順番がいつごろなのか電話で正確にはお伝え出来ません。
耳鼻咽喉科は診療時間が患者さんによってまちまちですので・・・。
Web予約のできない当科としてはこれが精一杯です。

もしも問題が多いようであれば予告なく撤去する可能性もあります。
どうぞよろしくご了承ください。

(耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)

2020-03-13 22:02:07

折りたたむ

2020年香芝メディカルコンサートは4月12日です。

今年の冬は暖冬とは言われていますが、ここ最近急に気温が下がって
当院でもかぜはインフルエンザの方が増えてきています。
花粉の時期にもさしかかっておりますので、
花粉症の方はそろそろお薬を服用したほうが良い時期になってきていますよ~!
最近、時の流れるのが早く感じます。

今年の香芝メディカルコンサートは4月12日(日)香芝市ふたかみ文化センターの予定です。
そろそろ練習に本腰をいれないと・・・。
ピアノは直前の追い込みみたいなものは通用しないので、
ふだんからコツコツとした練習が必要なんです。

今年は高校生の甥っ子も2回目ですが出させていただく予定です。
ラフマニノフの難しい曲を弾く予定みたいなのですが、うまくいくかどうか・・・。

この甥は小学生のころ数年ピアノを習っていただけ。
そのピアノの先生がご出産を機に教室をたたまれてからは
独学でピアノを弾いているようです。
YouTubeを見て弾いたり耳コピで弾いたりします。
若い子ってすごい、うらやましい。

私はというと、暗譜が全く出来ず、簡単な曲でも覚えられない。
楽譜を必死で目で追って弾いています。
今年の曲もできたら暗譜で弾けたらいいんだけどまず無理でしょうねえ。
べートーベンのピアノソナタが大好きなんですが、2年連続で弾いたので今年は封印して
シューベルトとシューマンの曲に挑戦する予定です。

ジャズピアノにもチャレンジするようになってほぼ2年ですが、
上達のあまりの遅さに自分でもびっくりです(泣)
どうもクラシックピアノの癖で楽譜の通りに弾くのに慣れているせいか、ジャズの自由な弾き方が難しい。
いつか、かっこよくアドリブ演奏できたらいいなあ。

(耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)
 

2020-02-06 13:46:35

折りたたむ

劇団四季「ノートルダムの鐘」素晴らしい!

ブログの更新はずいぶん久しぶりになってしまいました。
令和初めての新年を迎え、新たな気持ちで診療にあたりたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

先日、京都劇場で劇団四季の「ノートルダムの鐘」を観てきました!
本当は・・・仕事も山のように残っていたけど・・・
家の用事もたくさん残っていたけど・・・
それを振り切って?意を決して行ってきました。

平日13時半から開演ということもあり、お客さんは女性ばかりでした。
ミュージカルは初めて観に行くのでどんな感じかな、と好奇心で行ってみたのですが、
感想はというと・・・

感動した! 行って良かった!

ビクトル・ユゴーの原作はかなり以前に読みかけて私、途中で挫折してます(苦笑)
でもあらすじはだいたい覚えていたこともあってとても楽しめました。

ストーリーとしては重い内容なのですが、
とにかく実力のある役者さんたちの歌、踊り、演技、
舞台の演出も含めて、すべてが本当にすばらしかったです。
あまりにすばらしい歌唱力に心が震えました。

歌を聴いて鳥肌がたつって初めて!
2時間35分あっという間でした。
大満足で帰ってきました。

やっぱり気分転換って必要ですね!
すばらしい役者さんたちから大きなエネルギーをいただくことができました。

(耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)

2020-01-09 14:44:38

折りたたむ

西日本医師バドミントン選手権大会に出場してきました!

もう9月になりますが、連日酷暑が続いていますね!
暑いさなかですが、この土曜と日曜に、
第37回西日本医師バドミントン選手権大会に出てきました!

私は大学生の頃、バドミントン部に所属していましたが、
医学部はどうしても授業数が多く、クラブ活動にさくことのできる時間が少ないので、
総合大学の中の医学部であっても、本学のクラブとは違って別に練習をすることが多いです。
医学部学生だけの部活ということになりますが、
バレーボール、サッカー、バスケットボール、テニス、ラグビー、卓球、柔道、剣道などなど、
いろいろなクラブがあります。

そしてそれらの医学部だけのクラブは西日本と東日本にわかれて、年に一度、大きな大会が催されます。
私は西日本の大学でしたので、学生の頃毎年この「西日本医学生総合体育大会」に出場していました。

大学対抗で団体戦として他大学と試合をしたり、個人戦もありと、
いまだに夏が来ると、学生の頃に泣いたり笑ったりしたたくさんの思い出がよみがえります。

もちろん医学部を卒業してからはこのような大会はありませんが、
卒後も年に一度、有志で「西日本医師バドミントン選手権大会」が催されます。
このような会があるのはバドミントン部とバスケットボール部のみと聞いています。


主管校は毎年持ち回りなのですが、今年の医師バドミントン選手権大会は奈良県立医科大学で、
奈良県内で試合が行われることもあり、一大決心して20数年ぶりに出場してみました。


参加者は40人程度、卒後数年の若い年代と、シニアの年代に分かれてバドミントンの試合が行われましたが、
(私はもちろんシニアです。。)
見応えのある試合をたっぷり見させていただきました。

私と同じ年代の有名な選手、国体レベルの選手(といってもお医者さんです)が、
多忙のなか、年を重ねてもバドミントンを続けていることに感銘を受けました。
そして、なんと、バドミントンをしたいがために自宅に体育館を建ててしまう先生も存在することがわかり
とってもびっくりしました。

懇親会は出身大学ごとに自己紹介や近況を報告したりと、とても和気藹々とした雰囲気で、
私もバドミントン部の先輩や後輩と久しぶりに会って楽しい時間を過ごせました。
そしてならでんアリーナは空調も効いていてとても助かりました。

私の戦績・・・?  聞かないで下さいね(^^ゞ

(耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)

2018-08-31 14:17:34

折りたたむ

20年前の矢田寺にて

お盆の季節も過ぎ、当院も本日から通常業務が再開されました。
お休みをいただき、リフレッシュしたところで診療もがんばっていきたいと思います。

そういえば・・・。
若い頃はとにかく休みなく仕事をし続けるのが良いような気がしていました。
実際とても忙しい病院で仕事をしていたこともあり、プライベートもなく、
早朝から深夜までとにかく仕事をしていました。
研修医の頃は、365日のうち363日病院に出勤したこともあります。
せっかくもらった夏休みや年末年始も、なんだか休むのがもったいなくて、仕事をしていました。

そんな毎日でしたが、ふと思いついて日曜早朝の仕事が終わった後に、
奈良県内の有名なお寺に行ったことがあります。

当時大阪に住んでいたので、雨の中、電車とバスを乗り継いで行きました。
あじさいで有名なお寺ですが、雨が強かったせいか参拝客は少なく、境内はとても静かでした。
久しぶりの土の匂い、木の匂い。
雨に濡れながら群生している美しいアジサイを見てなぜか涙が止まりませんでした。

心が疲れていたんでしょうねえ。。
満点を目指したらだめですね。
頑張りすぎは禁物、休養も必要ですね。

それから休日はしっかり休みをとるようにしています。
そして、奈良が好きになりました。


(耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)


 

2018-08-20 16:47:26

折りたたむ

やっぱり音楽っていいな♪

季節はもう春! 桜満開ですね。
診療所の窓から見える川沿いの桜並木もとってもきれいで、
近所の方が出てきて写真をとったりしているようです。

とっても気持ちの良い季節なのですが・・・。
この時期花粉やPM2.5や黄砂やらで悩まれている方も多いと思います。
今年は本当に重度の花粉症の方が多く、
耳鼻咽喉科待ち時間がかなり長くなり、本当に申し訳ありません。


最近、6月10日に予定されている香芝メディカルコンサートに向けて、
ぼちぼちとピアノの練習を始めているところです。

実は昨年、人生初のピアノコンクールに出てみました!
といっても、楽器店主催で、誰でも出られるローカルなコンクールなのですが。。
良い演奏ができると金賞がもらえます。
いつも娘にガミガミ言ってばかりじゃ説得力もなく、
このコンクールは大人部門もあるので、いっそ自分も出てみようかと思い、
娘の習っているピアノの先生にお願いして親子で出てみました。

もともと子供さんたちのためのコンクールですので、子供部門が終わったらほとんどの方が帰ってしまい、
大人部門の観客は数人(!)。。
おかげで、さほど緊張せずのびのび弾けたのか、まさかの金賞をいただきました。

そして年明けに、金賞受賞者のみが演奏できる、LICはびきのホールという素敵なホールで年明けにまた出させていただきました。
ここで再び金賞を受賞するとトロフィーがもらえます。
見本で飾ってあるこのトロフィー、ト音記号のかわいいデザインで、
つい、欲しい!!なんて、思ってしまいました。

それでリキんでしまったのか、変に緊張して致命的なミスを犯してしまい、あえなく撃沈。。。
もちろんトロフィーなんかもらえず。
予選のときみたいに、純粋にチャレンジ精神だけでのびのび楽しく弾いたらよかったのに。。
医師会の新年会をドタキャンしてまで挑んだのに、後悔ばかりです。
欲がでたらアカンのにアホやったなと、こんな年でもいい教訓になりました。

すっかりやる気がなくなり、ピアノからしばらく遠ざかっていたのですが、
久しぶりに大学の後輩の先生からメールが。
我々とジャズで遊びませんか、と。

私が研修医のころ指導医としてお世話になった先生がベース、
大学病院特殊外来で指導をうけた先生がトランペット、
そして大学院の頃一緒に研究をしていたこの後輩の先生がドラムで現在組んでいて、
ピアノ弾きを探しているとのことでした。
全員耳鼻咽喉科のドクターです。

思えば、研究会などご一緒することがあっても趣味の話しをすることなどなく、
この先生方が楽器をされるなんて考えてもいませんでした。

おもしろそう!と思い、迷わずOKのお返事をし、それから1-2回一緒に練習させていただきました。
研修医の頃、雲の上の存在だった先生とフランクにお話できるなんて!
耳鼻咽喉科医師の先輩後輩の垣根を越えて音楽を楽しむことができそうです。

ジャズって全く知らないんだけど・・・。
これから楽しみがひとつ増えそうです。
やっぱり音楽っていいなあ。

(耳鼻咽喉科 松本あゆみ記)

2018-04-03 14:35:08

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
PAGE TOP